【あなたの愛猫は大丈夫!?】恐怖の噛み猫にならないためのしつけ法

article-image

何もしていないのにただ手を近づけただけでいきなりガブッと愛猫に噛みつかれたといった経験はないでしょうか? 噛む行為は甘噛みやその時だけだったと頻繁にやらない場合は問題はありませんが、噛む頻度が多かったりさらには手を引こうとするならばネコちゃんの噛み癖は直す必要があります。いつ誰を突然噛んでしまうか分かりません。
大きな怪我になる前にネコちゃんの噛み癖についてきちんとしつけましょう。
今回は攻撃的なネコちゃんの飼い主さん必見です。

 

噛み癖のネコちゃんは子猫の時から?

article-image

噛み癖という行為は子猫の時に親と離れ一匹だけで生活していたネコちゃんや飼い主さんとのコミュニケーション不足のネコちゃんに多くみられる傾向にあります。
最近ペットの”社会性をみにつけよう”といったことを聞く機会が多くなっていると思いますが、ネコちゃんの噛み癖はその社会性が身についていないことが1番の要因なのです。
そのことから噛み癖をつけないためには社会化時期といわれる生後3ヶ月までのしつけが大切です。
ネコちゃんを飼い始めたばかりだという飼い主さんは可愛がると同時に生後3ヶ月までのしつけも頑張って行ってください。

しつけを怠ると後々恐怖なネコちゃんに成長してしまう恐れも・・・

ではもう社会化時期も過ぎ大きくなってしまっているという場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

噛むという事がどういうことなのかインプットさせる

article-image

すごく単純なことですがとにかく噛まれた時に
「痛い!」「いけない!」と大げさに嫌がってください。
そこでネコちゃんが驚いて噛むことをやめればその後のしつけは簡単です。
これを繰り返し行うことで”噛むことはいけない”ということをネコちゃんの脳にインプットするわけです。
ここで重要なことは

いつも以上に大げさに、根気強く繰り返す

ということがポイントです。
しかしなかには大げさにやってもなかなかやめない凶暴なネコちゃんもいると思います。
その場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

手を押し出す

article-image

やめないネコちゃんの場合は逆に噛まれている手を引いてはいけません。
ネコちゃんは狩猟本能からさらに力を加えてしまうのです。
だから噛まれている手をそのまま無理矢理引いてしまうのではなく、ネコちゃんの方へと押し出します。とっさに起こることにネコちゃんは弱い為、押し出すことで驚き反射的に口から手を離します。
その時に「ダメ!」と声をあげると同時に手のひらを顔に当ててみてください。

この時叩いては逆効果なので、当てるということ念頭においてください。

それでもまだ口から手を離さない場合は?

 

息を吹きかける又は嫌がることをする

article-image

噛みついて離すまいとするネコちゃんには顔に強くフーッと息を吹きかけると効果大です。
そうするとネコちゃんは顔をかいたり、必死で逃げようともがきだし自然と噛むことを止めます。
ネコちゃんの性格は本当に多種多様なことから、そのネコちゃんの1番嫌がる事を模索し

嫌がることを仕返す

ということがポイントです。
”噛んだら嫌なことが起こるぞ〜”ということを覚えさせましょう。

 

まとめ

しつけというものは1度やったからといってできることではありません。
飼い主さんの直してやるんだという気持ちとしつけへの粘り強さで変わってくるものです。幼少期にかかわらず大きくなっていても直る可能性は大いにあるので諦めないでください。

現在ペットホテルでも社会性を身につけるために力を入れて取り組んでいる店舗が増えています。
もし上記のことをやってみても、なにをしても成果が上がらないという場合には専門のプロに相談にのってもらう等、一度みてもらうことも選択肢の1つです。ペットホテルのスタッフさんはとても親身になってくれるため一度足を運んでみることもおすすめします。

凶暴なネコちゃんを穏和なネコちゃんに変身させましょう♫

 

トップページに戻る